メリットとデメリットを理解しよう!格安航空券の活用法を紹介!

- 格安航空券と正規航空券との違い

格安航空券と正規航空券との違い

国内旅行であっても、飛行機を使うのが当たり前になってきました。
もちろん北海道や沖縄なら新幹線では行けません。
とはいえ東京と大阪の間なら究極的には羽田と成田の間!選択肢は多様です。
それでも飛行機を利用する理由は何か?費用の問題かもしれません。
そこで気になるのが格安航空券です。かつては海外貧乏旅行の代名詞!そんなイメージでした。
しかし今では、ビジネスにおいてもスタンダードになっています。
ならば正規航空券とはどのような違いがあるのか?その特徴などについて考えてみましょう。


格安航空チケットとは何か

名前の通り、正規航空券に比べて値段の安いチケットです。
とはいえ何故そんな航空券が売られているのでしょうか?
元々はツアーなど団体客向けに航空会社が旅行代理店に卸した航空チケットです。
それをばら売りにしたのが始まりでした。
飛行機を空席で飛ばすのはもったいない!値段が安くても乗ってもらえれば?
お金になる!ツアー自体がそんな発想ですが、かつては空港でキャンセル待ちを利用した人も多いでしょう。
一方ツアーでも人が集まらない?ならば個人客を拾おう!それが続いていくと?
初めから個人客に売ろう!これを目玉商品にする旅行会社も登場しました。
今なら扱うのが当たり前な究極のデフレ商品と言っても過言ではないのでしょう。

正規航空会社からは正規割引航空券が売られている

本来なら正規航空会社にとって格安航空チケットは否定したい商品です。
とはいえ定義をどうするかによって、物事は異なってきます。
例えば昨今では?
JAL航空券、ANA航空券、そしてSFJ航空券などの割引チケットが直接JALやANAの窓口で販売されるようになっています。それらを正規割引航空券(PEX)と呼んでいます。
つまり早めに旅行の日程が決まっており予約すればPEXも利用できるわけです。
もちろん直接航空会社から買った方が信用はできます。

メリットとデメリットを知ってから活用する

デフレが長く続くと、少しでも安い商品を探してしまいます。
とはいえ安いものには裏がある?メリットとデメリットを知ってから活用することが大切です。
もちろん飛行機は高い!そんなイメージがあります。
しかし格安航空券 国内 往復で値段が下がれば?そのコストはどこが負担しているのか?安全性は大丈夫なのか?機内のサービスは変わるのか?格安航空チケットに関するトラブルは枚挙に暇がありません。
知らずに使っていたら?大切な旅行先で途方に暮れることもあるでしょう。

満足できる旅行を

旅行に慣れてくれば?様々な選択肢が出てきます。
お金では代えられない何かを求めて?ファーストクラスも対抗馬です。
LCCの登場でさらに混沌とする航空業界です。各種チケットの特徴を知って、自分にとって少しでも満足できる旅行プランを作りましょう。

更新情報