陥りやすいトラブル

- 陥りやすいトラブル

陥りやすいトラブル

格安航空券に関するデメリットの多くは?工夫次第で乗り越えることができます。
とはいえ旅行には様々なトラブルが付き物です。
そこで格安航空チケットで陥りやすいトラブルについて調べてみましょう。
あらかじめわかっていれば?戸惑うこともありません。

会社が潰れた

海外旅行ではありがちですが、旅行会社が潰れた?ツアーがキャンセルになった?国内の旅行でも少なくないようです。
そういう意味では信頼できる旅行代理店を探しましょう。
もちろん見た目ではわかりません。ただし格安航空チケットが主体のお店は、ノルマ未達で倒産するリスクも高くなります。
数カ月先の航空券を予約する場合には、注意しましょう。


オーバーブッキング

こちらも海外旅行あるあるですが、国内旅行でもオーバーブッキングがあります。
基本的に航空会社は、各便に数席分余裕を持たせています。逆に必ず何席かはキャンセルがある!想定しています。これは空港でキャンセル待ちができる原理です。
しかし偶然とは恐ろしい?JAL航空券、ANA航空券、SFJ航空券などの正規航空券であってもオーバーブッキングがゼロではありません。
航空会社が一番恐れるのは?空席で飛行機を飛ばすことなのです。
ただしそれは航空会社側の事情です。したがってファーストクラスなど上位の席へ追加料金なしで変更してくれるパターンがあります。
格安チケットの人は例外!そんなケースもありますが、ちょっと強気で交渉してみましょう。

飛行機が遅延した

直行便があれば良いですが、飛行機を乗り継ぐ場合があります。
もちろん国内便は正確です。飛行機でも分刻みで運航されています。
とはいえ、だからこそ?様々なトラブルが重なれば、飛行機が遅延することもあります。すると乗り継ぎの飛行機に乗れない!さてどうするか?
基本的に同じ航空会社同士であれば?連携しているので、遅延便を待ってから離陸する?もしくは別の便に航空チケットを変更してくれるケースがあります。
ただし乗り継ぎで航空会社が異なっていれば?融通が利かないこともあります。
LCCを含めて乗り継ぎの際は、余裕を持って予約したいものです。

トラブルも旅の醍醐味

トラブルも、ある!覚悟していれば?避難訓練と同じです。
もちろん自分の時に起きて欲しくはありませんが、それも旅の醍醐味です。

  « 前の記事: を読む